確かな技術で成功率に自信あり!!別れさせ屋・復縁屋・離婚屋・出会わせ屋 RELIABLE

0120-91-1372

お問い合わせ

Blog
ブログ

上司に部下が恋をした。職場の年上男性と付き合うきっかけを作ろう!

2017年01月30日 出会わせ屋

付き合うきっかけをつくること。

上司に部下が恋をして、付き合いたいと思った時にはまずきっかけをつくるために行動をしなければなりません。しかしそのきっかけの内容は、二人の関係性によって変わってきます。例えばあまり関わりがなく、自分の担当ではない上司だった場合には、まずは部下である自分を知ってもらうことが必要です。挨拶をして明るい印象をもってもらうことから始めるのも、方法の一つです。また、お昼の休憩時には上司の近くで一緒に休憩をとったり、一緒のお店でランチをするようにしてみたり、といった小さなことから少しずつ始めてみましょう。急に近づきすぎても相手が警戒して、嫌われてしまったりと逆効果になってしまう場合があります。無理はしないようにしましょう。このように、知らない相手とは付き合うことはできませんが、執拗にアピールすることによって相手にマイナスなイメージを持たれてしまう可能性が考えられます。だからこそ、適度に重くならないように行動するようにしましょう。そして上手くいかなくてもそこで諦めるのではなく、どうやったら自分のことを知ってもらえるかを考えて、ちょっとしたことでも自分ができることをやってみましょう。

 

 

付き合いたいと、想いを伝える前に。

部下である自分のことを知ってもらえたら、自分が好きだと思っていることを意識させるようにしましょう。上司にいきなり想いを伝えても、ただの部下としか思っていなかった、女性として意識することはできないと言われるような結果になってしまう危険があります。そのような結果にならないように、普段の会話の中から相手に自分を意識させるように心掛けることがポイントです。例えば、思い遣りのある女性だな、と相手に好印象を与えることができるように、仕事中の差し入れをしたり、上司が眠そうなときはコーヒーを淹れてあげたりといった気配りをすることも、自分を見てもらえるきっかけになる可能性があります。また、仕事で上司と関わる時間を増やすことも方法の一つです。一緒の職場に居るということをポイントの一つと考え、上司と関わるきっかけを増やしていきましょう。その時間によって自分を意識してくれる可能性があります。しかし、相手の仕事の邪魔にならないように気を付けましょう。また、相手が親しくしている人から情報を得ることで、行動を起こすきっかけになる場合があります。自分の知らない部分を知ることで、今まで考えつかなかったことが思い浮かぶことがあります。

 

 

付き合いたい、と相手に伝えること。

付き合いたい、と伝えた後その結果によって毎日の生活が大きく変化します。例えば、実際に付き合うとなった時に、同じ職場であるために注意をしなければならないこともたくさんあります。仕事の時は上司として、プライベートの時は大切な恋人として、毎日を楽しみましょう。また、恋愛が原因で仕事に支障がでたり、仕事が原因となり別れてしまったりといったように、影響がでないように注意しましょう。一方で、付き合うことができないという結果になった場合は、同じ職場だからこそ仕事に行くことが辛くなってしまいます。だからといって、逃げることなく自分の失恋を認めて一緒に働く人として関わるようにしましょう。始めは辛く感じますが、無理をせずに少しずつでも新しい恋に進むことができるようにしましょう。また、相手にこんなに素敵な部下を振ったことを後悔させることも可能です。相手が後悔するような人になれるように努力しましょう。このように、付き合いたいと思った相手が同じ職場だからこその悩みや幸せがあります。

付き合うことができても、できなくても、直接自分の想いを伝えたことを後悔せずに、ちゃんと言えた自分を褒めてあげましょう。

Related Article
関連記事

Contact
ご相談・ご依頼・お問い合わせ

TEL・メールは24時間365日受付中です。ご相談は完全無料になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-91-1372
スマホからはタップで電話がかけられます
メールはこちらから
お問い合わせフォームに移動します

Campany
会社概要

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-22-37 オフィスサークルN五反田

詳細はこちらから