確かな技術で成功率に自信あり!!別れさせ屋・復縁屋・離婚屋・出会わせ屋 RELIABLE

0120-91-1372

お問い合わせ

Blog
ブログ

彼女が別れてくれない場合に取ってはいけない5つの行動

2016年07月12日 別れさせ屋

別れたい男性

優しさは相手を傷つけることもある

かつては愛し合っていた恋人同士であっても別れが訪れることはあります。恋人同士は婚姻関係にある夫婦ではありませんので、どちらかに気持ちがなくなってしまった時点で別れを意味すると考えても良いでしょう。

しかし夫婦ではないといってもこれまでふたりの時間を持ち関係を築いてきた間柄ですから友人以上の気持ちは持ち合わせているものです。

お付き合いをしてきた期間には互いの思いやりに触れ、感謝すべき事柄もすくなくないため、愛情を感じなくなってしまったとはいえ、相手を傷つけたくない心もあり、別れたい気持ちがありながらはっきりしない態度をとってしまう場合もあるでしょう。本当はもう相手の顔も見たくないほど嫌いになってしまっているはずなのに、悲しい顔を見てしまうと同情が芽生えてしまうなどのケースです。

こういった場合はつい相手を慰める行動をとってしまいがちですが、相手を悲しませているの原因は自分にあるということを自覚しましょう。今後お付き合いを続けてゆくことが難しいという判断をしたのならば、慰める役をするのは貴男ではありません

慰めることで相手に期待を持たせることにもなり、それが叶わなかった相手はさらに傷つくこととなることを自覚しましょう。

ふたりの問題に周りを巻き込まない

交際相手が別れに応じてくれないからといって、周囲の人間を巻き込んでしまうのはルール違反です。ふたりの問題はふたりにしか解決できません。

交際期間中に互いの家族や友人などを含めたお付き合いがあったとしても、別れに応じてくれない彼女のことを悪くいったり、周囲の人間になんとかしてもらおうとするのはもってのほかです。

少なくとも現時点で彼女はあなたの交際相手なのですから、お付き合いをしてきた者としての責任があります。今後ともに生きてゆくことができないと判断したのであれば、彼女が完全に納得できることは難しいとしても自分の気持ちを隠さずに伝えることが大切です。

周囲の人間になんとかしてもらおうという行動や、別れの理由をしっかり伝えないなど逃げの行動のこれらはこれまでふたりの関係を築いてきた交際相手に対して失礼なことであり、今後の恋愛においても同じような失敗を繰り返してしまうことになります。一度は愛し愛された相手である彼女ですから、最後はきちんといまの気持ちとこれまでの感謝の気持ちを伝えて後悔がないようにしましょう。

円満な離別はなかなか難しいものですが、しっかりと受け止めてくれる相手であればこの方法は有効です。

都合の良い関係にならないように

交際相手との別れを決めているのに、自分の都合に合わせて相手をふりまわすような行動は決してとってはいけません。

よく見られるケースとしては、同棲中で寝室を共有しているため、彼女の気持ちにはこたえられないのに身体だけを求めるような場合です。これは女性という立場だけでなく、これまで愛情をもってお付き合いしてきた彼女に対して大変失礼な行動です。行為中は女性にとって求められているというような錯覚を感じさせることにもなりますので、自分にとってもなんらメリットはないということを自覚しましょう。

また、別れをきっかけに交際相手ではなくなるけれど、連絡先は消さずに自分の都合で連絡しようと考えるような行動もいけません。

今後会わないということを覚悟して選んだ別れなのであれば、中途半端な気持ちで自分の弱さを持ったまま関係を続けることはしてはいけないのです

一度恋愛関係になった男女がまっさらな友人関係に戻ることは難しく、今後の恋愛においてもかつての交際相手は喜ばしい存在ではありません。

交際相手としてお付き合いしていくのは無理だが、自分の心地よさのために利用しようと考えるのであれば別れ自体を見直す必要もありそうです。

Related Article
関連記事

Contact
ご相談・ご依頼・お問い合わせ

TEL・メールは24時間365日受付中です。ご相談は完全無料になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-91-1372
スマホからはタップで電話がかけられます
メールはこちらから
お問い合わせフォームに移動します

Campany
会社概要

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-22-37 オフィスサークルN五反田

詳細はこちらから