確かな技術で成功率に自信あり!!別れさせ屋・復縁屋・離婚屋・出会わせ屋 RELIABLE

0120-91-1372

お問い合わせ

Blog
ブログ

不倫中の方必見!男の自制コントロール能力が低下する時間帯とは?

2017年02月03日 別れさせ屋

不倫をしている男性の心理について

男が不倫をする場合、細かい事情は個々で様々ですが、共通している思いとして、「奥さんに不満」ということが考えられます。奥さんで何もかもが満たされ、幸せな結婚生活を送っている男性が不倫を考えるはずがありません。そして、不倫中の男性は不倫相手の女性のことが非常によく見えるものです。奥さんへの不満で爆発しそうになっていた精神状態を安定させてくれたのが不倫相手の女性で会ったりすることも多く、非常に優しく接することもできるのです。ただし、不倫中の男性は何かと精神状態が不安になったりもするものです。やはり不倫は罪悪感もありますので、自制コントロールがきいている時間帯には、不倫相手からのメールや電話がきても、すぐに返信や電話をする気にならないこともありま。ただし、自制コントロールは24時間ずっと保てている訳ではありません。夜に近づくにつれて自制コントロールの能力も低下しがちで、結局夜になるとまた不倫相手と会ってしまう、といったことにもなるのです。夜は食事をした後に並んで町を歩いても、暗いので知り合いに見られる危険度も低いという安心感を持ったりしてしまうのも、自制コントロールが低下する要因と思われます。

 

 

遠出した際も開放的な気持ちになります

不倫中の男性が夜と同じように自制コントロールの能力が低下するのが、普段行ったことのない場所に遠出したような場合です。例えば奥さんに出張だと嘘をついて不倫相手と旅行に行ったような場合、気持ちは開放的になります。こんな場所では絶対に知り合いに会わないだろう開放的な気持ちにもなりますので、昼間から堂々と不倫相手と手をつないで観光地を訪問したりもします。地元では自制コントロールの気持ちが働き、不倫中に昼間に並んで不倫相手の女性と歩くことなど絶対にしない男性も、誰にもばれないという安心感があれば解放感でいっぱいになるのです。また、旅行先の場合、昼間ですらこういった気分になりますので、夜になるとその度合いはますますエスカレートします。不倫中は、地元ではなかなか不倫相手と一夜を共にする時間など持てないものですが、それが旅行に来た際には思う存分不倫相手と過ごせるわけです。従ってセックスにおいても普段地元でしている時以上に燃え上がることもあり、それによってさらに2人の愛が深まるといった状況になることも珍しくありません。このように自制コントロールの能力の低下が、不倫中の2人の関係を深めることも考えられます。

 

 

不倫の結末は個々の事情で様々です

不倫をした2人が最終的にどうなったのか、10年後には今の関係がどうなっているのか、ということについては多くの方が興味を持つものです。実際に不倫をしている2人は、良好に関係が持続している際は先のことなどはあまり考えないもので、一緒に会っている時間がとにかく素敵で充実しているため、この時間が少しでも長く続けばいいなどと考えて会っています。そんな夢のような関係が壊れるきっかけについては、奥さんに不倫がばれてしまったであるとか、社内恋愛しているのを会社の人間に知られ、社内で変な目で見られるようになった、などがあります。不倫は絶対他人に知られないように行うことが大人のマとも言われます。男性の場合、奥さんへの不満から不倫に走ったとしても、不倫の事実を奥さんに知られてしまってはやはりかわいそうですし、子どもがいた場合は家族全員に対しても非常に罪悪感を感じる状態になってしまいます。ダブル不倫の場合、お互いが既婚者ということでこういった事情は理解しあえるものですが、片方が独身の場合の不倫については、独身者が熱く燃え上がってしまってどうしようもならなくなった、というケースも珍しくありません。

Related Article
関連記事

Contact
ご相談・ご依頼・お問い合わせ

TEL・メールは24時間365日受付中です。ご相談は完全無料になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-91-1372
スマホからはタップで電話がかけられます
メールはこちらから
お問い合わせフォームに移動します

Campany
会社概要

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-22-37 オフィスサークルN五反田 2F受付

詳細はこちらから