確かな技術で成功率に自信あり!!別れさせ屋・復縁屋・離婚屋・出会わせ屋 RELIABLE

0120-91-1372

お問い合わせ

Blog
ブログ

「好きだけどサヨナラ」はNGワード?恋人に別れを告げる際に言ってはいけないフレーズとは

2017年03月21日 別れさせ屋

「好きだけどサヨナラ」はダメな理由

一般的に恋人と別れを決意する時は相手にもう気持ちがないときでしょう。物理的と言うより精神的なもののほうが大きいはずです。もしくは相手にかなりの問題があった場合などです。そのような出来事が生じた時に人は別れを決意した理由や最後の言葉を恋人にあらゆる方法で伝えようとします。恋人に伝える言葉の中でも避けた方が良いフレーズは「好きだけどサヨナラ」です。何故この言葉がいけないのかというと、このフレーズには未練を感じさせ別れを告げた方と告げられた方、どちらにも良い影響を与えないからです。別れを告げられた恋人は、このフレーズに僅かな希望を見出してしまいます。その結果、何とか二人の仲を修復しようと中々引き下がってはくれない事態を生んでしまいます。このフレーズによって、お互いに悲劇的な結末を迎えてしまうような事態を避けるよりも「好きだけどサヨナラ」といった曖昧なフレーズは避けるべきなのです。そして、もしこの言葉が本当であるのなら二人は別れるべきではありません。どんな困難が待ち受けていようとも、好きだという気持ちがあるうちは諦めずに恋人としていられる選択を続けるべきなのです。

 

 

 

他にもある別れのNGフレーズとは

他にも別れのNGフレーズは多数存在します。その代表的なものは相手を侮辱するものです。付き合っている時に不満が生じ、その結果別れることになっても相手を侮辱する言葉を投げつけてはいけません。言われる方はプライドが傷つけられ、もう立ち直れなくなってしまうほどのダメージを受けるか逆に激しい怒りを抱いてしまいます。そうならないためにも不満は別の方法で、その時々で伝え付き合っている時は改善出来るように努めましょう。また改善が難しく、破局することになっても不満は冷静に伝えるようにしましょう。感情的になってはマイナスしか生みだしません。他には、外見のことを理由にするのはやめましょう。外見の事を破局理由にあげてしまった場合、もし改善することを提案された場合に断りづらくなってしまいます。外見はいくらでも変えることが可能な箇所ですので、そこを理由にすることは好まれません。また外見に関することはストレートに人の心を傷つけてしまうので正直に理由を伝えずオブラートに包んで伝えてあげましょう。いつも正直で居る必要はないのです。自分のためにも相手のためにも嘘が必要なこともあるということを心に留めておきましょう。

 

 

 

憶えておきたい別れる時のOKフレーズ

NGフレーズとは反対に波風を立てないOKフレーズというものがあります。このOKフレーズはどの言葉や方法よりも有効で、お互いにプラスに環境を作り出してくれます。それは、恋愛の他に打ち込むものが出来たと伝えることです。例えば仕事や趣味など自分が好きなことなら何でも構いません。そうすると相手は反対しにくく、傷つきません。誰かと比べられると人は良い気分になりませんが、恋愛とは全く違うことに興味をもってしまったと知ると不思議と諦めることが出来るのです。また、応援しないといけない気分にもなりますので案外あっさりと別れてくれるものです。他にもストレートな言葉が最適だと考えられます。例えば相手が変化したことを言うのではなく、自分が変化してしまったことを伝えるのです。環境が変わって自分も変わってしまったんだと伝えると相手はどうしようもないことだと諦めてくれます。あくまでも相手が変えようのない事実を提示するのです。このように破局を考えた時に伝える言葉は多岐にわたります。そして選択次第で、今後の二人の行く末も決まってしまいます。一度は好きになった相手ですので、なるべく傷つかない言葉を選びましょう。

Related Article
関連記事

Contact
ご相談・ご依頼・お問い合わせ

TEL・メールは24時間365日受付中です。ご相談は完全無料になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-91-1372
スマホからはタップで電話がかけられます
メールはこちらから
お問い合わせフォームに移動します

Campany
会社概要

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-22-37 オフィスサークルN五反田

詳細はこちらから