確かな技術で成功率に自信あり!!別れさせ屋・復縁屋・離婚屋・出会わせ屋 RELIABLE

0120-91-1372

お問い合わせ

Blog
ブログ

このままでいいの?不倫を続けるべきか止めるべきかの判断基準

2017年06月07日 別れさせ屋

「将来性」を意識して判断していく

「不倫をこのまま続けるべきか否か」を悩んでいる場合、その多くは自分で本当はどうしたら良いのかを理解できる状態です。このまま続けるべきかどうかと言う悩みを感じるようになった時には、「このまま不倫をつづけた時にどうなるのか」を冷静に考える様にしましょう。明確な判断基準となるものはありません。しかし、このままでは何も残らないと言うことがはっきりとしているのであれば、早々に見切りをつけて新しい恋を探し始めた方が賢明です。不倫とは違う、健全な恋愛であれば優先すべき判断基準としては上等です。ただし、これを判断する為には「相手の考えや希望」などもしっかりと考えていく必要があります。自分一人で「このままではダメだ」と考え、相手の考えに関係なく自分一人で続けるべきではないと判断してしまうと、「結婚のチャンスを逃してしまう」と言う可能性もあります。不倫から発展した結婚が必ずしも良いものではないかも知れませんが、少なくとも大きなチャンスになることは間違いありません。必ず総合的な判断基準をもって対応していきましょう。

「自分を守る」と言う考え方が大切

多くの場合、不倫をして傷つくのは女性です。男性は比較的そういった部分の負担が少なく、言ってみれば「次から次に手を出せる立場」にあります。動物の本能的な解釈をするのであれば、男性は次々に違う女性に対してアプローチを掛けていくことはおかしくありません。本能としてそういう仕組みがある訳ですから、それに従って行動をすること自体は問題ないものの、現代社会における「秩序・モラルを維持する」と言う考え方には反して居ます。「一夫多妻制」を採用している国はいくつかあり、人によっては日本もそうなればいいと思っている場合もあります。この制度自体、以前は日本でも採用されていました。一人の男性が幾人もの妻を持てるような態勢は確かにありました。その状況で「不幸になった女性」と言うものは基本的になく、この仕組み自体に大きな問題があると言う訳ではありません。しかし、現代に至る過程において違った仕組みが構築されてきたことには当然意味があります。特に女性は、妊娠による負担・リスクが非常に大きくなってしまうため、男性と比べて「自分の身を守る」という意識を強く持つ必要があり、これが1つの判断基準となってきます。

止めるにしても選択肢は一つではない

不倫を止めると考えた場合、一般的には「諦める」と言う表現になります。しかし、逆に言えば「略奪」も止める方法と言えます。どちらの方が良いかと聞かれれば前者(諦める)と言う選択でしょう。しかし、略奪だろうと何だろうと「一対一の関係」にさえなってしまえばだれに恥じることなく堂々と交際を明言することも出来る様になります。その為の道のりは簡単ではないかも知れませんが、「何が何でもその人を手に入れたい」と言うことであれば強硬手段に出ることも選択肢でしょう。相手方の恋愛を破たんさせることはそれほど難しくありません。しっかりと計画を練って行動していけば、早ければ一か月以内に目的を達成できることも十分にあり得ます。どんな方法であっても相手方の関係を破たんさせれば、自分たちの関係は不倫では無く歴とした恋人同士になれます。また、「愛人」と言う考え方もあります。大っぴらになることは少ないものの、現代においても愛人を持っている男性は大勢います。万が一の場合の相続権なども一定程度保護されるため、特に女性は老後の心配を解消する方法としても多少の効果があるので検討の余地はあるでしょう。

Related Article
関連記事

Contact
ご相談・ご依頼・お問い合わせ

TEL・メールは24時間365日受付中です。ご相談は完全無料になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-91-1372
スマホからはタップで電話がかけられます
メールはこちらから
お問い合わせフォームに移動します

Campany
会社概要

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-22-37 オフィスサークルN五反田

詳細はこちらから