確かな技術で成功率に自信あり!!別れさせ屋・復縁屋・離婚屋・出会わせ屋 RELIABLE

0120-91-1372

お問い合わせ

Blog
ブログ

埋められない溝…性格の不一致による苦しみ

2018年01月18日 別れさせ屋

性格の不一致がもたらす苦労とは

お互いに惹かれあって交際がスタートしたものの、交際の中で発覚していく性格の不一致は実は一番厄介で面倒なものです。相手が考えていることが理解できないことも多く、なぜそうなるのかといつも考えさせられるでしょう。さらに、場合によっては交際自体を継続することができないレベルの不一致が発覚することもあるでしょう。人間はそれぞれに性格が異なりますのですべて一致することは不可能ですが、価値観や感性があまりにも違い過ぎると一緒にいることが苦痛に感じるのです。恋愛や結婚生活の中で一番苦労が多いのが性格の不一致とも言われています。例えば、異性の友人と付き合うことに抵抗がない人と抵抗がある人が交際していれば、常にそのことに関して確執が生まれてしまいます。どちらかがそれに対して歩み寄りを見せることができれば良いのですが、実際にはどちらかが我慢を強いられるなんてことも珍しくありません。この我慢は長く続きません。相手に対して不満を感じるようになるでしょうし、別れすら考えるようになります。お互いに歩み寄りができるうちは良いのですが、片一方が我慢を強いられている状況ではその決断すら仕方がないものなのかもしれません。

性格の不一致ってどんなもの?

性格の不一致と言っても人それぞれですが、言動や行動などに違和感を覚えることが増えたり、相手の考え方そのものが理解しがたいものであることを指しています。自分の中で「こうあるべき」というものがあったとしても相手は「これが正解だ」と言ってくる為、常にケンカ状態になってしまいます。意見が分かれることはあるでしょうが、その意見自体が理解しがたいものであれば関係は長続きしません。例えば、レストランで食事をしている時、店員のミスによって料理が運ばれてこない時に怒りを露わにしてクレームをつけるタイプの人がいるとします。そのタイプの人は自分以外の人には攻撃的になり、自分が正しいと判断した時には人を責め立てるタイプです。そのようなタイプの人と、穏やかに店員に確認するタイプの人が付き合っていれば相性が合わなくても当然です。この例のように性格の不一致には、自分の常識の中では考えられない言動や反応を示すことが多くあり、付き合っていく中で恥ずかしい思いをさせられたり、悲しい思いをさせられるなどの苦労が絶えません。話し合いに応じてくれ、相手の意見も聞き入れるスタンスを持っている場合は継続していくことができますが、そうでなければ別れを選択するのが正解かもしれません。

結婚前ならまだ間に合う

他人同士が一緒に行動をするわけですから、自分とは違う意見が出るのは当然です。しかし、この意見があまりにも自分と違い過ぎると人は違和感を覚えます。その違和感が度重なるごとにあると、一緒にいることに対して苦痛に感じるようになるでしょう。お互いに歩みよりできる性格であれば、多少の衝突があったとしてもうまくやっていくことができますが、歩みよりどころか自分の価値観に合わせろというタイプの人と交際してしまうと苦労が絶えないでしょう。恋愛中はその苦労も仕方がないことと流してしまう人が多いのですが、実はこの性格の不一致を自覚したまま結婚してしまうと、より苦労が絶えない生活になってしまいます。離婚理由でも多いのがこの不一致です。生活をしていく中であまりにも価値観や感性が違うと、居心地の悪さを感じるようになるので相手への恋愛感情すら失われてしまいます。他人同士だからこそ、お互いに歩みよりが必要なのですがそれすらできない関係に将来性はありません。もし現在交際している人と価値観が合わないなと感じることが増えてきたら、別れることも考えてみてください。結婚してから気付いても遅いので、そうなる前に解決しておくことをおすすめします。

Related Article
関連記事

Contact
ご相談・ご依頼・お問い合わせ

TEL・メールは24時間365日受付中です。ご相談は完全無料になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-91-1372
スマホからはタップで電話がかけられます
メールはこちらから
お問い合わせフォームに移動します

Campany
会社概要

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-22-37 オフィスサークルN五反田

詳細はこちらから