確かな技術で成功率に自信あり!!別れさせ屋・復縁屋・離婚屋・出会わせ屋 RELIABLE

0120-91-1372

お問い合わせ

Blog
ブログ

夫婦関係を解消させるキッカケを作るには?

2018年06月07日 別れさせ屋

夫婦関係を解消したいのにできない

夫婦関係はかなり前から冷めているのに関わらずそれを解消することができないと悩んでいる人も多いでしょう。単純に離婚することを選択できれば、それぞれの人生を新たに歩み出すことができますが、実際にはそう簡単に離婚は成立しません。特にどちらかが離婚に反対している場合、過失がなければ話はずっと平行線のまま。

夫婦関係を解消したいと望んだとしても、お互いに特に過失がない場合スムーズにはいきません。例えば、どちらかが浮気不倫をしたという事実があれば有責配偶者側からの離婚の申し出はできません。借金や暴力など生活をしていく上で問題だと判断されれば、片一方の気持ちだけでも可能ですが、実際にはそれすらも簡単ではないと言われています。

では、夫婦関係を解消したいと考えた時、どのようなキッカケがあれば可能になるのでしょうか。今回は、簡単に離婚に応じてもらえるキッカケについてお話していきましょう。相手に対して愛も情もないという人早く離婚したい人はぜひ参考にしてください。また、キッカケを利用することでうまくいくケースもありますが、余計にこじれてしまうこともありますので、キッカケを作り出す際には注意してください。

決定的なキッカケを作る方法

自分も被害を被ることになるのであまりおすすめしませんが、切れやすい男性を相手にしている場合であればかなり有効となります。暴力を受けた時にはすぐに警察に通報、もしくはケガの状態を病院で診てもらい、診断書を作成しておきましょう。

またケンカなどの言い争いの内容をICレコーダーなどで録音しておくことも大切です。内容によってはモラルハラスメントとして取り上げることができます。さらに、相手が浮気に走りやすくするために夫婦生活を断ったり、飲み会への参加を促すのも効果的です。浮気の気配を感じた時には、証拠をしっかり集めておきましょう。

これらの方法は少々荒っぽいのであまりおすすめできませんが、相手に明らかな過失がある場合には相手には権利が生じなくなりますので、離婚に応じてもらいやすいでしょう。ただし、精神的な負担や経費などもかかってくる為、本当に別れたい時にだけ使用するようにしましょう。相手を試す行動がバレてしまうとこちらの過失になりかねませんので注意してください。

生活そのものがつまらないと感じさせる

夫婦関係を解消したいのであれば、日常生活から変えていきましょう。妻の立場であれば、夫が帰りたくないという雰囲気を家庭に作り出すことができれば、相手から離婚したいと訴えられるかもしれません。食事の準備をしない、掃除をしない、洗濯物もしないなど今までやってきたことを全て放棄することで、夫は妻に不満を抱くようになります。妻に対して不満を抱くことで、夫婦関係は破綻の道に進み始めますので、離婚に対しても前向きに考えてくれるようになるでしょう。

ただし、離婚時に慰謝料請求されるようなことをキッカケにしてはいけません。明らかに相手にダメージを与えるようなキッカケを作り出してしまうと、こちらの過失になってしまいますので注意してください。また、最近では別れさせ屋という存在があります。相手を誘惑し、その気にさせることで浮気を立証し離婚しやすくしてくれる業者がいますので、もし自分でキッカケを作り出すことが困難だと判断した場合には、それらを利用してみるのもおすすめです。

「結婚をする時よりも離婚をする時の方が大変である」と言われている通り、夫婦関係を解消するのは時間と労力が必要だということを忘れないようにしましょう。

Related Article
関連記事

Contact
ご相談・ご依頼・お問い合わせ

TEL・メールは24時間365日受付中です。ご相談は完全無料になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-91-1372
スマホからはタップで電話がかけられます
メールはこちらから
お問い合わせフォームに移動します

Campany
会社概要

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-22-37 オフィスサークルN五反田

詳細はこちらから