別れさせ屋RELIABLE(リライアブル)

0120-978-149

お問い合わせ

Blog
ブログ

あなたが宗教を辞めたいときにすべき行動と知っておくべきこと

2020年01月17日 その他

日本には数多くの宗教がありますが、中には辞めたいと思っている信者がいるのではないでしょうか。
辞める理由は人それぞれとはいえ、辞めたいという気持ちになってしまうと、すぐにでも脱会したくなることでしょう。
しかし、一体どのようにして辞めれば良いのでしょうか。
この記事では、宗教をやめたい方向けに、辞めるための方法や辞める上で知っておくべきことなどについて紹介します。
最後まで読むことで、宗教を辞めるために必要なことを把握できるでしょう。

宗教を辞めたい時にすべき行動とは?

もしあなたが宗教を辞めたいと思ったのであれば、以下の方法を用いてみてください。

そもそも1人だけで辞めるのは難しい

宗教を辞めるというのは相当の覚悟が求められるものであり、中途半端な気持ちだと失敗するかもしれません。
なぜなら、宗教を辞めさせないように周囲の信者が引き止める可能性があるためです。
彼らにとって、信者が減るというのは非常にツラいことです。
宗教によっては勧誘にノルマを設けている場合もあり、辞めてしまうとノルマが達成できなくなってしまうかもしれません。
それらの理由から、あなたのことを必死で引き止めようとします。
仮に中途半端な気持ちで辞めようと思っている場合、信者の説得によって諦めてしまう恐れがあります。
ですので、辞める際には強い意志を持たなければなりません。
この際、友人や家族などサポートしてくれる人がいれば心強い存在として辞めやすくなります。

内容証明付き郵便で本部に退会届を出す

辞めると決めた際には、退会届を本部に送りましょう。
本部以外に送ってしまうと、もみ消されてしまう恐れがあります。
この際、ご本尊と一緒に送っても問題ありません。
退会届は宗教の代表者、自分の住所と名前などを記載します。
また、送る際には内容証明付き郵便にすることも大切です。
内容証明付き郵便にすることで、きちんと郵送したという証拠になり、「届いていない」という嘘を防げます。
なお、口頭で辞めることを伝えても良いのですが、現場の信者や役員から説得されてしまう可能性が高いです。
そこでしっかりと対応できるのであれば問題ありませんが、自信がない方は郵送する方法が良いでしょう。

毅然とした態度で信者と立ち向かう

辞めた後、信者があなたの家にやってきて再度入信するように促す場合があります。
この場合、あなたは宗教を辞めた身ですので、無理に立ち向かう必要はありません。
信者が頻繁に訪問するのであれば、玄関先に「宗教勧誘お断り」と記載されたシールを張りましょう。
これだけでも十分効果的であり、訪問回数が減るでしょう。
また、電話で信者から呼ばれることもありますが、こちらも無視して構いません。
なぜなら、信者に呼ばれた場合には絶対に行かなければならないというルールは無いからです。
もう一度述べますが、あなたは既に辞めた身ですので、辞めた宗教に従う必要はありません。

しつこい場合には警察へ相談を

どうしてもしつこいのであれば、最寄りの警察へ相談してみましょう。
相談内容によっては、接近禁止命令といった対処をしてくれるかもしれません。
その際、自宅に設置した防犯カメラの映像といった証拠があれば、なおさら警察が動いてくれることでしょう。

辞める上で知っておくべきこと

上記では宗教を辞める方法について紹介しましたが、辞める上ではいくつかのポイントを知っておく必要があります。
一体どのようなことを、知っておくべきなのでしょうか。

辞めた後に天罰が落ちるということは無い

宗教によっては、「退会すれば天罰が下る」といった脅しのような説得であなたを引き止めようとする場合があります。
しかし、果たしてそのようなことは起きるものなのでしょうか。
天罰が落ちるというのは確実性を帯びた話ではない上に、天罰という言葉自体が現実的なものではありません。
仮に辞めた後に不幸なことが起きたとしても、それには何かしらの原因があります。
ですので、天罰に怯えて辞めることを躊躇する必要はありません。

辞める前と後の世界は大きく違う

辞める前と後の世界というのは大きく異なっており、いかに宗教と関わってきたときの世界が閉鎖的だったのか気づくことでしょう。
どの宗教にも何らかの規則が設けられており、一般的には問題ない行為が宗教上の問題で禁止される場合があります。
また、宗教によって関わる人間も限られてしまい、限定的な情報しか手に入りません。
しかし、宗教という鎖から1度解放されたら、自由に様々なことが行えるようになります。
自分の好みや目的に合わせて多くの人と関われるようになるため、生き生きとした人生になるでしょう。

辞める上では長い時間が求められる

宗教を辞めるためには、ある程度長い時間が求められます。
信者からの説得や辞めるための準備など、すぐに宗教を辞められるのは非常に難しいことです。
そこには、「本当に自分は宗教を辞めて良いのか」という葛藤もあるでしょう。
また、家族も同じ宗教に入っている場合、家族から説得される場合があります。
赤の他人であれば無視すれば良いですが、家族となれば話が別です。
最悪の場合、家族関係が崩壊してしまうかもしれません。
宗教を辞めるというのはそれほど大変で時間がかかるものですので、まずはしっかりと意思を固めることから始めてみましょう。

トラブル無く辞める際には別れさせ屋へ

宗教を辞める上で、可能な限りトラブル無く辞めたいのであれば、別れさせ屋に依頼しましょう。
別れさせ屋は日本全国に点在しており、中には出張してくれる場合もあります。
そのため、地方に住んでいる方でも気軽に別れさせ屋を利用して宗教と別れられます。

そもそも別れさせ屋とは?

別れさせ屋とは、対象の関係の間に工作員が入り、自然と別れるように仕向ける業者のことです、
基本的に探偵事務所が行なっており、秘密厳守で進めてくれます。
対象の関係としては恋人関係や不倫関係が多いですが、宗教関係で利用することも可能です。
そのため、あなたが宗教を辞めたい場合にも別れさせ屋を利用して解決することができます。

自分に合った別れさせ屋を見つけるためには?

別れさせ屋は数多くあるため、どの業者が良いのか迷ってしまうことでしょう。
だからといって適当に選んでしまうのはおすすめできません。
なぜなら、自分の考えと別れさせ屋の考えが合わず、満足できるような結果にならない恐れがあるためです。
そのようなことを防ぐためにも、しっかりと自分が納得できる別れさせ屋を見つけてみましょう。
理想的な別れさせ屋を見つけるためには、まず気になる業者をそれぞれ比較してみることから始めます。
比較してみることで、各社の特徴が見えてきます。
その上で別れさせ屋を数社に絞ったら、次に問い合わせてみましょう。
問い合わせてみることで、具体的な費用や工作内容を教えてくれます。
公式サイトにも掲載されていますが、案件によって異なるため、具体的な情報を記載していません。
問い合わせ方法はメールや電話など各社によって様々であるため、自分が使いやすいと思える方法で問い合わせてみましょう。

計画を立てて宗教と決別しよう

宗教を辞めるというのは難しいことであるため、事前の計画が大切になります。
自分で計画を立てて実行することもできますが、トラブル無く辞めるためにも別れさせ屋を利用した方法をおすすめします。
ちょっとした相談でも対応してくれる場合がほとんどであるため、まずは気軽に別れさせ屋へ相談してみてください。
きっとあなたの計画をより良いものしてくれるアドバイスをしてくれることでしょう。

 

※弊社リライアブルはいずれの宗教団体にも所属しておりません。また各宗教団体を脱退・脱会促進するわけではありません。ご相談者様のお悩みを解決することを目的に運営しております。

Related Article
関連記事

Contact
ご相談・ご依頼・お問い合わせ

TELは10時から24時まで
LINE・メールは24時間365日受付中です。ご相談は完全無料になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-978-149
スマホからはタップで電話がかけられます
LINE 友達に追加
メールはこちらから
お問い合わせフォームに移動します

Campany
会社概要

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-22-37 オフィスサークルN五反田

詳細はこちらから