別れさせ屋RELIABLE(リライアブル)

0120-978-149

お問い合わせ

Blog
ブログ

創価二世・三世をやめたい(やめさせたい)場合にすべきこととは?

2020年01月17日 その他

創価の学会員は数多くいますが、その中にはやめたいと考えている方も多くいることでしょう。
特に生まれた時から学会員である創価二世・三世の場合、世間や親との考え方の違いによって、脱会のことを常に悩んでいるかもしれません。
そこでこの記事では、創価二世・三世をやめたい・やめさせたい方向けに、脱会方法やその上での注意点などについて紹介します。
最後まで読むことにより、創価学会をやめる方法を理解し、適切な方法で脱会の準備を進められることでしょう。

一人でやめること(脱会)は難しい

1人で創価学会から脱会するというのは非常に難しく、中には諦めてしまう方もいます。
一体なぜ諦めてしまう人がいるほど難しいのでしょうか。

理由①両親や知り合いから説得されるため

「脱会しよう!」と決意した場合、周囲からいろいろと説得されることでしょう。
知り合いであれば無視できますが、家族の場合はそう簡単にいきません。
最悪の場合、これまでの家族関係が悪化してしまう恐れもあります。
そのようなことから周囲の関係が悪化することを恐れて、せっかくの決意を諦めてしまいます。

理由②過去の経験に縛られているため

創価二世・三世の中には、過去にあった嫌なことを宗教によって救われた方がいるかもしれません。
そのような方の場合、「脱会してしまうとこれまでのような恩恵を受けられないのではないか?」という悩みを抱えてしまいます。
また、「これまで自分の人生を救ってきてくれたのに、裏切っても良いのだろうか?」という気持ちに苛まれる場合もあるでしょう。
もちろん、それでも脱会するという強い決意があれば問題ありません。
しかし、人によっては過去の経験に縛られてしまい、脱会することを躊躇してしまいます。

理由③新たな環境に切り替えることが怖いため

脱会したいと考えている方の中には、新たな環境で生活するのが怖いと思っている人もいます。
創価学会は非常に人々の繋がりが強く、お互いに支え合いながら信仰を続けてきた宗教です。
しかし、いざ脱会すると、これまで親切にしてくれた人々の繋がりが無くなってしまい、孤独感に襲われるかもしれません。
また、新しい環境によるストレスで悩まされる可能性もあるでしょう。
そのような人は、脱会したくても脱会できない状況に陥ってしまいます。

創価二世・三世がやめるための方法

創価を脱会するというのは非常に困難ですが、それでもやめたい場合には以下の方法を実践してみましょう。

やめる上で絶対にしてはいけないこと

脱会することを決意した際には、そのことを周囲の学会員へ相談しないでください。
学会員は脱会を勧めることはほとんどないため、相談した場合はやめないように説得されてしまいます。
説得されてしまうとせっかくの決意が無駄になってしまうため、学会員ではない人に相談しましょう。
ただし、人によっては宗教の話を嫌がる場合があります、
脱会に関する相談する場合には、自分が本当に信頼できる相手を選びましょう。

脱会届を作成して本部に送る

創価学会を脱会するためには、まず脱会届の作成から始めてみましょう。
脱会届には創価学会の会長の名前を書き、その下に脱会する旨を書きます。
最後に所属組織・住所・名前(印鑑)・郵送日を書いて完了です。
書き終えたらコピーを用意し、身分証明書のコピーと一緒に封筒へ入れましょう。
この際、御本尊を返却しても問題ありません。
ただし、送る際には配達証明サービスを利用した上で、必ず創価の本部へ送りましょう。
住んでいる地域の組織に送ってしまうと、もみ消されてしまうかもしれません。
また、配達証明があることで「しっかりと本部へ送った」という証拠になります。

面接や説得は無視しよう

脱会届を送った後、創価から面接の誘いや学会員による説得があるかもしれませんうが、全て無視して構いません。
学会員の誘いや説得を聞いてしまうと、うまく丸め込まれてしまい、脱会したことを後悔する恐れがあります。
そもそも、創価学会では強制的に面接しなければいけないというルールはありません。
ですので、何度誘いがあったとしても、根気よく無視を続けましょう。
また、玄関前に宗教勧誘をお断りするといった内容が書かれているシールを貼るのも有効的な手段です。
シール自体はリーズナブルな価格で購入できるため、脱会届を送った後にすぐ入手しておきましょう。

どうしてもしつこい場合には警察へ

何度も断ってもしつこく説得されるようであれば、警察へ相談することをおすすめします。
警察に相談することで、接近禁止命令といった処置を行なってくれるかもしれません。
ただ、創価学会側としても警察沙汰を起こしたくないという気持ちを持っていると思われるため、そこまで大事になるような嫌がらせをすることは無いでしょう。

両親との話し合いはどうすれば?

創価二世・三世の場合、両親から脱会について責められるかもしれません。
もし両親と話し合う場合には、感情的にならずに対処することが大切です。
両親は創価学会の本を使って感情的に責めるかもしれませんが、ここで乗せられてしまうと話し合いの主導権が両親の手に渡ってしまいます。
また、感情的な話し合いを防ぐためにもレストランやカフェで話し合ってみるのも良いでしょう。
他の人がいれば感情的になりにくいため、冷静に話し合えます。
どうしても話し合いで解決しない場合は、両親と関わらないようにしましょう。
ツラいことと思えるかもしれませんが、離れることで両親からの指図を受けにくくなります。

創価二世・三世の恋人や家族をやめさせるためには?

上記では創価二世・三世本人がやめる方法について紹介しましたが、創価二世・三世である家族や恋人をやめさせるためにはどうすれば良いのでしょうか。
もし家族や恋人を創価から脱会させたい場合には、以下の内容をチェックしてみてください。

そもそも本人にやめる意思があるのか確認

まずは、創価二世・三世である本人に脱会したい意思があるのか確認してみてください。
もし今すぐにでも脱会したいという気持ちを持っているのであれば、協力してあげましょう。
1人での脱会は非常に難しいため、サポートしてくれる人がいれば、悩まされることなく脱会の準備を進められます。
反対に脱会することを考えてない場合、素人の力だけでやめさせるのは厳しいでしょう。
むしろ、あなたに対して創価への入会を勧めてくるかもしれません。

やめさせる際には別れさせ屋に依頼しよう

創価二世・三世である家族や恋人をやめさせる際には、別れさせ屋に依頼することをおすすめします。
別れさせ屋とは、カップルや浮気・不倫相手を別れさせるために様々な工作を行う業者のこと。
家族や恋人を宗教から別れさせることも引き受けており、プロフェッショナルな工作員があなたの代わりに、家族や恋人と宗教の関係を引き離します。
もちろん、依頼者との話し合いは秘密厳守で行わせていただいているため、家族や恋人に脱会させようという気持ちがバレたくない方でも問題ありません。

しっかりと決意を決めて創価二世・三世をやめよう

創価二世・三世が脱会するためには、他の学会員や家族からの説得を無視できるような強い決意が求められます。
ですので、これから脱会を計画している創価二世・三世の方はしっかりと意思を持って行動しましょう。
また、トラブル無く創価学会との関係を断ち切りたいのであれば、別れさせ屋に依頼してみてください。
あなたの状況に合わせて、別れさせ屋の工作員が適切に行動します。

※弊社リライアブルはいずれの宗教団体にも所属しておりません。また各宗教団体を脱退・脱会促進するわけではありません。ご相談者様のお悩みを解決することを目的に運営しております。

Related Article
関連記事

Contact
ご相談・ご依頼・お問い合わせ

TELは10時から24時まで
LINE・メールは24時間365日受付中です。ご相談は完全無料になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-978-149
スマホからはタップで電話がかけられます
LINE 友達に追加
メールはこちらから
お問い合わせフォームに移動します

Campany
会社概要

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-22-37 オフィスサークルN五反田

詳細はこちらから