別れさせ屋RELIABLE(リライアブル)

0120-978-149

お問い合わせ

Blog
ブログ

親(家族)が創価学会で自分自身が脱会したい場合の方法と付き合い方

2020年01月17日 その他

創価学会員というのは日本全国に数多くいますが、その中にはすぐにでも脱会したい方もいます。
しかし、脱会する上で様々な不安が積み重なってしまい、なかなか脱会できない方もいるのではないでしょうか。
特に家族が創価学会員であれば、なおさら脱会しにくいかもしれません。
そこで今回は、家族が創価学会で自分自身が脱退したい場合の方法や注意点などについて解説します。
最後まで読むことにより、創価学会から脱会するためのヒントが掴めることでしょう。

脱会する手順(家族が創価学会である場合)

創価学会員の家族の場合で脱会する際には、以下の手順で進めてみましょう。

まずは脱会をサポートしてくれる人を探す

最初にやることは、自分の脱会をサポートしてくれる人を探すことです。
創価学会を脱会するというのは困難なことであり、1人であればなおさら大変になるでしょう。
しかし、サポートしてくれる人がいればくじけること無く、自身を持って脱会することができます。
もちろん、サポートしてくれる人が多ければ多いほどトラブル無く脱会しやすいです。
もしサポートしてくれる人がいないのであれば、別れさせ屋に依頼してみましょう。
別れさせ屋の基本情報や依頼するメリットに関しては、記事の後半で解説しています。

脱会届を創価本部へ送る

サポートしてくれる人を見つけたら、次に脱会届を作成しましょう。
直接創価学会へ脱会することを伝える方法もよいのですが、その際に強く説得されて諦めてしまう可能性があります。
また、創価学会側から「脱会する旨を聞いていない」という嘘を言われてしまう場合があるかもしれません。
そのようなことを防ぐためにも、脱会届を作成して本部へ送りましょう。
脱会届には、創価学会の代表者と自分の住所・名前などを記載します。
作成し終えたら、万が一に備えてコピーをしておきましょう。
その後、内容証明付き郵便で本部へ送ります。
内容証明付きにする理由は、「本部へ届いていない」という嘘を未然に防ぐためです。
また、送り先は必ず創価学会の本部にしてください。
本部以外に送ってしまうと、もみ消されてしまう恐れがあります。

家族と離れた場所で生活する

脱会することを決めた際には、家族から離れた場所で生活しましょう。
家族と一緒に暮らしていると、脱会することがバレた場合に問い詰められる恐れがあります。
仮に話し合ったとしても、相手は創価学会の教えを用いて説得する可能性が高いため、まともな話し合いが成立しないでしょう。
もし離れていれば直接話し合うことを防げる上に、創価学会と切り離された生活を過ごせます。

学会員からの説得は無視

脱会することが創価学会に伝わった場合、学会員から電話で呼び出されるかもしれません。
しかし、既に辞めた宗教ですので、わざわざ従う必要はありません。
むしろ従ってしまうと、相手の説得に言いくるめられてしまい、再度入会してしまう恐れがあります。
また、電話ではなく自宅に学会員が訪問する場合もあります。
この場合、無視でも問題ありません。
しつこいのであれば、「宗教勧誘お断り」と書かれたシールを玄関先に貼り付けておきましょう。
それだけでも、学会員の訪問を減らせます。

脱会においてよくあるトラブルとは?

脱会するためにはいくつかの手順がありますが、その上で何らかのトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
一体どのようなトラブルに巻き込まれやすいのでしょうか?

中途半端な覚悟だと言いくるめられてしまう

脱会するためには、相当の覚悟が求められます。
仮に中途半端な覚悟の場合、家族や他の学会員からの説得で諦めてしまうかもしれません。
彼らにとっては、貴重な信者が減るというのはできる限り防ぎたいことです。
そのため、あなたの脱会する意思が分かったら、すぐに説得へ乗り出すでしょう。
脱会するためには、そのような説得に耐えられるほどの覚悟が求められます。
強い覚悟を持っているのであれば、どんな説得であっても気にすることなく、脱会への準備を進められるでしょう。

家族との関係が悪化するのは確実

「家族との関係が良好なままで脱会したい」と考えている方がいるかもしれませんが、それは不可能に近いと言えるでしょう。
創価学会の教えこそが全てと思っている家族にとっては、身内が脱会するというのはありえないことです。
そのため、何が何でもあなたの脱会をやめさせようとするでしょう。
人によっては、「脱会すると天罰が下る」といった脅しのような言葉で説得するかもしれません。
そのような状態のままで家族との関係を良好なままにというのは、非常に困難な話です。
実際、脱会後は家族と一切連絡を取り合っていないケースも多々あります。

安心して脱会したい場合には別れさせ屋へ

上記で述べたとおり、創価学会を脱会する際には様々なトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
もし安心して脱会したいのであれば、別れさせ屋に依頼してみましょう。

別れさせ屋とは?

別れさせ屋とは、探偵事務所が行なっているサービスの1つです。
別れさせたい関係の間を工作員が仲介し、自然に別れるように仕向けます。
基本的には恋人や不倫相手を別れさせる場合に使われることが多いですが、宗教と別れたい時に利用する方もいます。

別れさせ屋に依頼するメリットとは?

別れさせ屋に依頼することで、できる限りトラブルを起こすこと無く、創価学会との関係を断ち切ってくれます。
そのため、1人で脱会するのが怖い方やトラブル無く脱会したい方におすすめです。
また、別れさせ屋自体は日本全国にあり、地方へ出張してくれる別れさせ屋もあります。
ですので、地方に住んでいる方でも気軽に利用できるでしょう。

別れさせ屋へ依頼する際の注意点

別れさせ屋は、できる限り成功率をあげるために、何かしらの指示をあなたに与えることがあります。
守っていれば問題ありませんが、無視して自分勝手な行動をしてしまうと、せっかくの計画が無駄になってしまい、失敗しやすくなります。
ですので、これから依頼しようと考えている方は必ず別れさせ屋の支持に従いましょう。
別れ工作のプロである工作員が、あなたの悩みに一番適した方法で対応してくれます。

理想的な別れさせ屋を見つけるためには?

別れさせ屋に依頼する際には、しっかりと調べることが大切です。
適当に選んでしまうと、納得できるような結果が得られないかもしれません。
理想的な別れさせ屋を見つけるためには、いくつかの別れさせ屋を比較してみるのがおすすめです。
比較することで、各社の魅力や実績などが把握しやすくなります。
ある程度気になる別れさせ屋を見つけられたら、メールや電話で問い合わせてみましょう。
公式サイトの情報は曖昧な場合が多いため、それだけで判断するのはおすすめできません。
実際に問い合わせてみることで、具体的な料金や計画を教えてくれます。

覚悟を持って創価学会員の家族とサヨナラしよう

たとえ家族が創価学会員であったとしても、脱会することはできます。
ただし、相当の覚悟が求められるということを理解しておかなければなりません。
ですので、創価学会を脱会したいのであれば、まずは強い覚悟を持って行動しましょう。
もちろん、その上で別れさせ屋に依頼するのもおすすめです。

 

※弊社リライアブルはいずれの宗教団体にも所属しておりません。また各宗教団体を脱退・脱会促進するわけではありません。ご相談者様のお悩みを解決することを目的に運営しております。

Related Article
関連記事

Contact
ご相談・ご依頼・お問い合わせ

TELは10時から24時まで
LINE・メールは24時間365日受付中です。ご相談は完全無料になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-978-149
スマホからはタップで電話がかけられます
LINE 友達に追加
メールはこちらから
お問い合わせフォームに移動します

Campany
会社概要

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-22-37 オフィスサークルN五反田

詳細はこちらから