別れさせ屋RELIABLE(リライアブル)

0120-978-149

お問い合わせ

Blog
ブログ

創価学会から脱会したい理由とその方法

2020年01月17日 その他

創価学会員は数多くいますが、中には脱会したいと思っている方もいます。
彼らは一体なぜ創価学会から脱会したいのでしょうか。
この記事では、脱会したい理由や脱会する際の方法などについて解説しています。
もしこれから脱会したいと考えているのであれば、最後まで読んでみてください。
きっと脱会するためのヒントが見えてくることでしょう。

なぜ創価学会から脱会したいのか?

人によって脱会理由は異なりますが、主な理由としては3つあります。

理由①周辺との違和感が辛くなってきたため

創価学会の生活というのは、一般的な生活と比べて大きく異なります。
例えば、熱心に信仰している学会員の場合、神社の鳥居をくぐることを忌み嫌っている場合があります。
日常生活であれば問題ないことかもしれませんが、学会員の子供であれば、修学旅行でくぐらざるを得ないことになるかもしれません。
そのような場合、周辺との違いが大きく浮き彫りになってしまうことでしょう。
その違いは人によって捉え方が異なりますが、中にはその違いがツラいと思ってしまう方もいます。
そのような気持ちになってしまうと、脱会のことを考えるようになるでしょう。

理由②創価学会の行動に対して不信感が生まれたため

創価学会員として過ごしている中で、本部の動きや他の学会員の発言などから、段々と創価学会へ不信感を募らせることがあります。
近年では創価学会が支持母体である公明党の考え方と自分の考え方が合わないが故に、不信感を持ってしまった方もいます。
不信感が募ると、段々と信仰心も薄れていき、最終的には脱会したくなることでしょう。

理由③家族や恋人から反対されたため

残念ながら、日本ではあまり創価学会を良い宗教と捉えていない傾向があります。
そのため、家族や恋人に自分が創価学会員であることがバレてしまうと、すぐにでも辞めるように説得されるかもしれません。
特に恋人の場合は、学会員だから別れるという理不尽な対応を取られてしまう恐れがあります。
どんな方であっても、好きな人や信頼できる人との関係が崩れるのは避けたいはず。
実際、家族や恋人から反対されたという理由で脱会した方もいます。

創価学会を脱退する上でのトラブル

脱会するというのは、そう簡単にできるものではありません。
残念ながら、以下のようなトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

学会員からのしつこい説得や勧誘

もし学会員に脱会することがバレてしまうと、あなたを脱会させないように説得する恐れがあります。
彼らにとっては、貴重な信者を失いたくないのです。
近年、創価学会員の高齢化が進んでおり、信者数が伸び悩んでいます。
そのため、創価学会としてはこれ以上学会員を減らしたくありません。
だからこそ、脱会することが分かった場合はすぐに引き止めようとします。
その際の説得はしつこく、人によっては脱会することを諦めてしまうかもしれません。
また、脱会後にも学会員が再度入会するようにしつこく勧誘します。
電話での勧誘はもちろんのこと、自宅に訪問することもあるでしょう。
残念ながら創価学会の場合は、脱会すれば開放されるわけではなく、その後も学会員と戦い続けなければなりません。

二世三世の場合は家族仲が悪化する

もしあなたが創価学会の二世や三世であるならば、家族との関係が悪化する恐れがあります。
家族としては、創価学会での生活が当たり前のものであり、脱会するというのはありえないことだと捉えています。
ですので、脱会することが分かれば、あなたの行為を批判することでしょう。
仮に話し合おうとしても、彼らは創価学会の教えに基づいて反論するため、どれだけ辞める理由を伝えても聞いてもらいにくいです。
その上、「脱会したなら天罰が下る」といった脅しのようなことを言われるかもしれません。
もちろん、辞めたから天罰が下るというのは現実的に考えてありえないことです。
ただ、話し合うことであなたと家族との関係に大きなヒビが入り、2度と会わなくなるような関係になる可能性が高いといえます。
実際、脱会後に家族との連絡を辞めたという方も数多くいます。

脱会届を出しても受理されない

創価学会の場合、「脱会届を郵送で送る」と「口頭で脱会することを伝える」という2つの脱会方法があります。
しかし、どちらの場合であっても、もみ消されてしまうかもしれません。
上記で述べたとおり、創価学会はこれ以上信者を減らしたくありません。
そのため、仮に脱会する信者がいたとしても、もみ消して減っていないように見せかけるのです。
また口頭で脱会することを伝える場合、その場にいる学会員から強く説得されてしまうことでしょう。

安心して脱会したい場合は別れさせ屋がおすすめ

もし安心して創価学会から脱会したいのであれば、別れさせ屋に依頼しましょう。
別れさせ屋とは、探偵事務所が行なっているサービスの1つです。
別れさせたい関係の間に工作員が入り、自然に別れるように工作します。
基本的には不倫関係の解消や自分が誰かと別れたいといった目的で使われますが、宗教を辞めたいという目的でも使われます。

自分一人で脱会するのは非常に難しい

そもそも、1人で創価学会を脱会するというは非常に厳しいことです。
多くの学会員からの説得や家族との口論、脱会した後の生活における不安などから、脱会することを諦めてしまう場合があります。
そのようなことを防ぐためにも、サポートしてくれる人が重要です。
ただ、脱会することを手伝ってくれるような人を見つけるというのは、簡単にできることではありません。
友達に相談したとしても、知識が無いことや忙しいことなどを理由に断られてしまう場合があります。
しかし、別れさせ屋であれば宗教と依頼者の関係を断ち切らせるための知識とスキルを持っています。

別れさせ屋に依頼する上でのメリット

別れさせ屋に依頼することで、脱会する上でのトラブルを防ぎます。
工作員が自然に別れるように仕向けてくれるため、脱会届が受理されないといったトラブルに巻き込まれにくいです。
また、創価学会を脱会するためには準備と長い時間が求められるため、仕事で忙しい方にとってはなかなか実行できないかもしれません。
別れさせ屋の場合はその準備をサポートしてくれるため、効率よく脱会できます。

理想的な別れさせ屋の見つけ方

別れさせ屋は日本全国にあるため、どの別れさせ屋がいいのか悩んでしまうことでしょう。
理想的な別れさせ屋を見つけるためには、しっかりと情報を集めることが大切です。
その方法としては、各社を比較してみたり、実際に問い合わせてみたりするなどの方法があります、
ただし、公式サイトだけ確認して決めるのはおすすめできません。
別れさせ屋の公式サイトに掲載されている情報は、曖昧なことが多いです。
相談内容によって料金や計画内容が異なるため、わざと曖昧にしているのです。
そのため、公式サイトの情報だけに頼ってしまうと、イメージと現実が食い違う恐れがあります。
もし気になる別れさせ屋を見つけたのであれば、必ずメールや電話で問い合わせてみましょう。
問い合わせせることで、具体的な料金や工作の流れを教えてくれます。

創価学会から脱会したい場合はぜひ相談を

創価学会から脱会するのは大変なことであり、1人だけでできるものではありません。
脱会することを決意した際には。別れさせ屋へ相談してみましょう。
あなたの相談内容に合わせて、別れさせ屋のスタッフが適切なアドバイスを行います。

 

※弊社リライアブルはいずれの宗教団体にも所属しておりません。また各宗教団体を脱退・脱会促進するわけではありません。ご相談者様のお悩みを解決することを目的に運営しております。

Related Article
関連記事

Contact
ご相談・ご依頼・お問い合わせ

TELは9時から24時まで
メールは24時間365日受付中です。ご相談は完全無料になりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

0120-978-149
スマホからはタップで電話がかけられます
メールはこちらから
お問い合わせフォームに移動します

Campany
会社概要

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-22-37 オフィスサークルN五反田

詳細はこちらから